二の腕のブツブツの治し方
二の腕のブツブツの治し方|エステや皮膚科に行く前にコレを試せ! > 未分類 > 毛孔性苔癬にはどんな石鹸が効果的?

毛孔性苔癬にはどんな石鹸が効果的?


毛孔性苔癬ってご存知でしょうか。毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)というのは、皮膚病の一つです。しかも、この皮膚病。痛くもかゆくもないというのが特徴で、自覚症状がないというのがやっかいなところなんです。
症状としては、二の腕や足などにブツブツができてしまうことです。
毛穴が角栓となってしまい、皮膚表面が固まってしまいます。

だいたい、子どもや10代にみられる症状だといわれています。
毛孔性苔癬は皮膚科や美容外科にいくと石鹸で治すようにいわれます。

しかし、ただの石鹸では毛孔性苔癬は治せません。また、二の腕だけでなく、おしりや背中にもできるので、ニキビと間違えやすいのが特徴です。
毛孔性苔癬を治すには、ピーリング効果のある石鹸を使う必要があります。

ピーリング効果は、ケミカルピーリングともいって古い角質をピーリングのちからによって取り除き、新しい皮膚にしてキレイにしようというものです。
ケミカルピーリングで使う石鹸はAHA(フルーツ酸)石鹸が多いです。
この石鹸で治療することが多いのですが、ピーリングをしたあとには、十分な保湿をすることが大切です。
保湿をしないでおくと、水分を欲しがっているお肌がまた乾燥して、毛孔性苔癬を引き起こす場合があるからです。
お肌は保湿が重要だといわれています。

十分な保湿ができて、肌のターンオーバーを正常にしていれば、毛孔性苔癬はいつかはツルンと触りたくなるようなお肌になれます。