二の腕のブツブツの治し方
二の腕のブツブツの治し方|エステや皮膚科に行く前にコレを試せ! > 未分類 > 二の腕ブツブツに効く成分

二の腕ブツブツに効く成分

二の腕のブツブツ肌。
誰でも経験のあることだと思います。

それは、吹き出物で片付けるのではなく、かと言ってニキビのようなものでもなく、なんだろうと思うところでしょう。
たいていは、毛孔性苔癬や毛孔性角化症といって、医学的には病名がついています。
また、アトピー性皮膚炎の方や敏感肌の場合、ステロイド系の薬を付けてしまうという方も多いです。

しかし、皮膚科に行くと、毛孔性苔癬と言われて驚くこともあります。
すごい病気ではなく、毛穴につまりものができて、角質が硬くなってしまって、皮膚が盛り上がっているというのが、二の腕のブツブツの原因とされています。

最近では、こうした二の腕のブツブツに効きますよというクリームが市販されています。
気になる成分ですが、尿素などが入っています。

これは保湿成分として体内にあるものですが、角質を柔らかくするという効果があります。尿素と言えば、ハンドクリームなどにも配合されていて、カサカサお肌をしっとりとさせるとされています。
尿素の成分には、肌をしっとりとさせ、要らない角質を排出するはたらきがあるとされています。

ですから、二の腕のブツブツを改善させたあとに、肌がしっとりするような成分になっていると言えます。
その他にも、血行促進作用などが入っていて、クリームをつけるだけで、二の腕がキレイになる方は少なくありません。
以前は医薬品として、医師しか取り扱いができなかったものですが、市販薬のおかげで、簡単に改善出来るようになりました。

しかし、口コミなどでは千差万別。
万人に聞く万能成分とはいませんので、絶対の効き目の成分ではないとされています。

その他、ヒアルロン酸、コラーゲン、植物性エキスなど、体内に欲しい成分などの配合しているクリームなども、二の腕のブツブツ肌に効きます。
これらの成分の最終目的と言うのは、保湿が出来るかどうかになっています。
保湿が万全であれば、二の腕のブツブツができないということになります。