二の腕のブツブツの治し方
二の腕のブツブツの治し方|エステや皮膚科に行く前にコレを試せ! > 未分類 > クリニックで二の腕ブツブツの治療

クリニックで二の腕ブツブツの治療

二の腕ぶつぶつ肌の原因は、医学的に言うと、毛孔性角化症、毛孔性角化症と言われています。
二の腕だけではなく、背中、太もも、ふくらはぎ、お尻などにできます。

ぶつぶつと小さな湿疹のようなもので、痛みは全くなく、痒みもないのが特徴です。
また、健康に害を及ぼすこともないのですが、見た目にもあまりキレイなものではなく、特に女性が二の腕を露出するファッションを楽しみたいというときには、少し迷惑な湿疹です。

若い世代や肥満、敏感肌の方に多いこのぶつぶつは、実は発症率は50%と言われていて、多くの方が経験しています。
遺伝とも言われる湿疹で、親がかつてなっていたという方も少なくなく、若い世代に多いのですが、40代、50代になっても消えない方もいるようです。

最近では、このような二の腕のぶつぶつに聞くクリームなどが市販されていますが、クリニックに相談をされてはいかがでしょうか?
皮膚科では尿素クリームを処方したり、ピーリングで治療するところも多いです。
市販のクリームとあまり改善の過程は代わりはないとされています。

ところが、最近では、短期間で劇的な改善ができるレーザー治療などを行うクリニックが増えています。
二の腕にできるブツブツ肌を治すのがレーザー治療。
これで、新しい肌へと再生することができます。

皮膚表面や深層部分にレーザーを照射し、細胞の入れ替えを行なうことで、ぶつぶつを消す方法です。
このぶつぶつが出来る部分は毛穴ですから、毛穴周囲の肥厚した角質を取り除くことをレーザーで行なうことになります。
肌も滑らか肌へと生まれ変わらせることができます。

症状によっては、レーザーの回数も少なくて済み、すぐに治療効果が出ます。
色素沈着などの肌トラブルの改善もでき、美肌になるとも言われています。

二の腕ブツブツ肌を治すと言うよりは美肌になるための施術といったところですが、医師の手によるクリニックのレーザー治療はオススメです。
クリームの治療よりも確かに短期間で改善ができます。